HOMEニュース一覧 ≫ プロテインの課題を解決する素材を提案(2021)

プロテインの課題を解決する素材を提案

ニュース写真

 αオリゴ糖とキウイフルーツ、酪酸菌
 「パーソナル化サプリメント」の基礎に
 腸内環境保護やタンパク質の消化促進

 /シクロケム
   東京都中央区、TEL03-6262-1511

シクロケムは、個々人に適した栄養素をパウダータイプでオーダーメイドする「パーソナル化サプリメント」を提案している。
 スポーツ、健康、美容において中心的な栄養素となるプロテインとコラーゲンをベースに、各個人が必要とする栄養素をトッピングするスタイルだ。

プロテインの問題を解決する(1)
αオリゴ糖の腐敗物の産生抑制作用
 プロテインに含まれるタンパク質は、高齢者のフレイル対策やスポーツ能力の向上、肌を構成するコラーゲン組成など、スポーツ・健康・美容の全般にわたって不可欠な栄養素である。
 積極的に摂りたい一方で、摂り過ぎると腐敗産物が腸内環境を悪化させ、腸壁の穴「リーキーガット」のリスクを高めてしまう。リーキーガットは炎症性腸疾患やアレルギー疾患、自己免疫疾患を引き起こす原因となるもの。
 そうしたプロテインの問題を解決するのが、αオリゴ糖だ。αオリゴ糖は、リーキーガットの原因となるフェノール、p-クレゾール、インドールなどの腐敗物の産生を減少させることが究明されている。プロテイン摂取時に一緒に摂ることで、タンパク質の健康的な役割にフォーカスして利用することができる。

プロテインの問題を解決する(2)
キウイフルーツのタンパク分解酵素
 αオリゴ糖と併せて、プロテインと一緒に摂取すべき食品が「キウイフルーツ」だ。キウイフルーツには、タンパク質分解酵素「アクチニジン」が含まれており、タンパク質の消化をサポートしてくれる。
 ただし、酵素は熱や酸素に弱いため、キウイフルーツのアクチニジンは活性を失いやすく、プロテインに粉体で配合することが難しいとされてきた。
 その課題を解決したのが「αオリゴ糖」だ。シクロケム社は、キウイフルーツをαオリゴ糖でパウダー化することで、アクチニジン活性の長期間維持に成功している。

プロテインの問題を解決する(3)
酪酸菌×αオリゴ糖で「酪酸」産生
 さらに、プロテインの課題解決に役立つのが「酪酸菌」とαオリゴ糖の組み合わせによるシンバイオティクスである。
 シンバイオティクスとは、体外的に摂取した善玉菌「プロバイオティクス」と、善玉菌の餌となる栄養素「プレバイオティクス」を組み合わせたもの。
 近年注目の酪酸菌は「酪酸」を産生する善玉菌で、この酪酸が腸管上皮細胞のエネルギー源となることで腸管のバリア機能を高め、プロテイン摂取時に危惧される「リーキーガット」の発生予防および修復に寄与する。
 酪酸菌は、さまざまなプレバイオティクスの中でもαオリゴ糖と組み合わせると“最も酪酸産生量が多くなる”ことが明らかとなっている。
 シクロケム社では、これらプロテイン利用に役立つ食品素材を「パーソナル化サプリメント」の基礎に据え、スポーツ・健康・美容に必要なプロテインやコラーゲンとともに積極的に摂取すべき食品素材として提案している。
  ニュース写真
~新刊情報~
『最新科学で証明された 超効率的に筋肉をつける最高の食事術』
著者   :寺尾啓二(てらお けいじ)
判型   :A5判(左右148×天地210mm)
ページ数 :160ページ
定価   :本体1,500円+税
ISBN   :978-4299016096
発売日  :2021年5月26日
発行   :宝島社


トップへ