HOMEインタビュー一覧 ≫ 株式会社ウエニ貿易 インタビュー(1)

お酒と一緒に飲めるアミノ酸サプリを開発

インタビュー写真

 「アミノスカッシュ」甘口&ドライ
 新ブランド「ライフメンテ」で商品続々
 株式会社ウエニ貿易

 EC事業部
  丸山 美乃里氏

時計、ファッション雑貨、フレグランス等のブランド商品を取り扱う専門商社の株式会社ウエニ貿易(東京都台東区)は、時代の変化に呼応してプロテインをはじめとした健康食品の自社商品を開発している。EC事業部では生活に寄り添う健食ブランド「ライフメンテ」を設立し、お酒と一緒に飲めるアミノ酸「アミノスカッシュ」などの斬新な新商品を続々と企画する。今回は、EC事業部 マーケティング&コミュニケーションズスーパーバイザーの丸山美乃里氏に、新ブランド「ライフメンテ」の発足経緯や商品開発について聞いた。

――「ライフメンテ」ブランドの発足経緯を教えてください。
インタビュー写真
丸山 コロナで社会環境が大きく変化する中、当社は顧客に寄り添えるサービスを探求し始めていました。もともと卸事業が主体の会社なのですが、社長の「夢のある事業を行いたい」との想いもあり、PB商品などの新規事業にも着手していたのです。
 その過程で、私に「新規事業をやってみないか」と声がかかり、その際、私自身が最も興味関心を抱いていた分野が「健康食品」や「体作り」だったのです。
 周囲に目を向けると「健康のために何かしたいけど、何をしたらいいか分からない」という方がとても多く、特にその傾向は「男性」に顕著でした。
 そこで、運動をしない人専用サプリとして、健康への取り組みに二の足を踏んでいる男性向けの商品を作れないかと考えたのです。
 健康意識が低い人でも、ハードルなく毎日の生活に取り入れられる。わずかな試みで継続ができる。そうした商品を積極的に開発していきたいと思い「ライフメンテ」ブランドを立ち上げました。
 今、ほんの少し行動を起こせば、未来は大きく変わるかもしれない――。
 その可能性を共感してもらった時、お客様との長いお付き合いができるのではないかと思っています。

――ライフメンテのターゲット層とは。

丸山 30代の忙しい方です。代謝が鈍り、20代の時とは「何か違うな」と変化を感じ始めている層ですね。
 商品自体は男性向けが開発しやすかったこともあり、最初は男性よりの商品からスタートしましたが、女性の方やお子様にも有意義なブランドにしていきたいと考えています。

――男性向け商品から作り始められた際に、意識したことはありますか。

丸山 男性と女性が求める身体的健康のゴールは異なるというアンケート結果があります。どちらかというと男性は「マイナスを0にする」ことが主目的であることが多いですが、女性は現時点がマイナスだとしても「+1以上にもっていきたい」と思う傾向があるのです。
 するとやはり、商品開発でもゴール設定が異なってきます。
 男性は健康になれば維持で満足ですが、女性は「もっとキレイになりたい」「もっと髪の毛にツヤが欲しい」「もっと肌が…」と求め続けますね。

――丸山さんが健康に関心をお持ちになったきっかけとは。

丸山 2020年から、筋トレをはじめまして。わりと私は凝り性で、突き詰めたいタイプなのです。それで、2020年の「サマースタイルアワード」というボディコンテストに出場することになり、37歳以上の部門で日本一になれました。

――すごいですね。商品の広告塔としてブランディングされないのですか。

丸山 社内でも、いつもその点が議論になります(笑)。まだ保留の状況ですね。

――コンテストは順調に勝ち進んでいかれたのですか?

丸山 横浜大会からはじまり、関東で優勝後、2020年12月に開催された日本大会でも優勝することができました。ポスターも全国中に貼り出されましたね。

――開発者自身が高い健康意識をもって生み出したブランドですね。

丸山 世間に目を向けますと、特別な意識がなければ、自分の体に無関心で過ごされている方も大勢います。その意識の差はとても大きいと感じました。
 私自身そうした方々に歩み寄り、どうしたら納得できる体作りに取り組めるかを考えてきました。
 最も手軽に、簡単に、体や代謝を改善する方法はなにかと思案した時、「水に入れて飲む」というスタイルが取り組みやすいなと。それがアミノスカッシュの原型となっていきます。

――アミノスカッシュの「お酒と一緒に」という発想はどこから来たのでしょう。

丸山 最初は他愛のない会話でした。
 お酒は筋肉の成長を止めてしまうため、筋トレ中はダメと言われています。一方、筋肉の分解を防ぐBCAAというアミノ酸がある。そこで「一緒に飲んだらどっちが勝つか?」ということが話題になったのです(笑)。それがずっと頭の中に残っていました。
 お酒にサプリを入れることは、お酒自体を勧めているようであまり良いこととは思われないかもしれません。
 しかし、お酒を1日の何よりの楽しみにしている方々がいることは、紛れもない事実です。ならば、少しでも体にとってプラスとなる成分を加えた方が、日々のストレスや罪悪感の軽減につながります。
  インタビュー写真


次へ
トップへ