HOMEニュース一覧 ≫ ダイエット素材「アカショウマエキス末」(2019)

脂肪の吸収抑制&分解促進の2つの有用性

ニュース写真

 ダイエット素材「アカショウマエキス末」
 ダイエットとむくみ改善試験
 むくみ改善剤およびその利用で特許も

 /ビーエイチエヌ
   東京都千代田区、TEL03-5281-5661

ビーエイチエヌ(東京都千代田区)は、ダイエット向けのオリジナル健食素材「アカショウマエキス末」を供給している。有用成分としてベルゲニンとアカショウマポリフェノールを含有する。

2つの異なる作用機序
 脂肪の吸収抑制 & 脂肪の分解促進
 アカショウマエキス末は、ダイエットサポートに役立つ「脂肪吸収抑制」と「脂肪分解促進」の2つの異なる作用機序を持ち、ダイエットやむくみに関する試験でも有用なデータがある。いずれも人を対象とした試験で成果が得られたものだ。
 アカショウマエキス末はビーエイチエヌ社のオリジナル素材であり、サプライヤーが限定されることから日本市場ではこれまで過度な競合がなく、ダイエット食品市場における有利な差別化素材として注目されてきた。商品企画担当者からは「独自性」の高さを評価する声も聞かれ、採用企業も増えてきている。

脂肪の吸収を抑制
 成人男女を対象とした試験で成果 ニュース写真
 健康な成人男女10人を対象としたヒト試験では、アカショウマエキス末200㎎を摂取した後、60分間隔で血中の中性脂肪値を調査。その結果、アカショウマエキス末を摂取した群は、脂肪食のみを摂取した群と比較して、血中の中性脂肪の増加量が低減されることが確認された。
 食事由来の脂質は、腸管内の膵リパーゼという酵素によって分解され、血中に吸収される。アカショウマポリフェノールには、この消化酵素を阻害することで脂質が分解されないようにし、腸管からの脂質吸収を抑制する働きがあるとみられている。

脂肪の分解を促進
 女子大生を対象とした試験で成果
 健康な女子大生11人を対象とした試験では、200㎎のアカショウマエキス末を摂取してから30分後、自動車エルゴメーター運動を行い、酸素消費量によってエネルギー消費量を調査した。
 その結果、アカショウマエキス末を摂取した群は、プラセボ群と比較してエネルギー消費量が増加することが確認された。
 運動時など、体を緊張させたり、興奮させたりする時に分泌されるホルモン「アドレナリン」には、ホルモン感受性リパーゼを刺激することによって、体内に蓄積された中性脂肪を遊離させる働きがある。
 アカショウマエキス末は、このアドレナリンの同族である「ノルアドレナリン」に対し、受容体への結合を強化することで、脂肪の分解を促進する作用機序があるとみられている。

ダイエット及びむくみに関する
 ヒト臨床試験で有用データを取得
 成人男性を対象としたアカショウマエキス末のダイエットへの有用性に関する試験では、体重減少と体脂肪率の低下を確認。健康な成人を対象とした試験では、むくみが改善されたことも確認され、ビーエイチエヌ社は「むくみ改善剤及びその利用」について特許も取得している。


トップへ