HOMEニュース一覧 ≫ プロテインを“カスタムオーダーメイド”(2019)

プロテインを“カスタムオーダーメイド”

ニュース写真

 「プロテインスイーツカフェ&キッチン」
 多彩な組み合わせをその場で選択
 開発担当者やプロテイン上級者向けに

 /日本プロテイン&スイーツ普及協会
   東京都台東区、TEL03-6802-4166

一般社団法人日本プロテイン&スイーツ普及協会(東京都台東区)は、プロテインの開発事業者やプロテインに詳しい上級者向けに「カスタムオーダーメイドプロテinシェイク」を提供している。
 カスタムオーダーメイドプロテinシェイクは、自分好みのプロテインを、プロテインパウダー、味、割材となる飲料、混ぜ方、加熱の有無などを自由に選び出し、その場で作って飲むことができる同協会の独自サービスだ。
 プロテインスイーツの専門店「プロテインスイーツカフェ&キッチン」で、シートに記載された選択肢にチェックを入れて注文する。
 目を惹くのは、組み合わせられる素材の豊富さだ。

「実は、企業からニーズがあるのです」
と話すのは、同協会専務理事の山崎志保氏。「今は植物性、動物性ともに豊富な種類のプロテイン素材がありますが、実際に口にしたくとも、会社にすべてのプロテイン素材を集めるのは大変です。プロテインスイーツカフェ&キッチンであれば、あらゆるプロテイン素材や味を取り揃えているため、様々な組み合わせを手軽に試すことができます」。

 味作りで苦労も多い開発現場には、これはかゆい所に手が届く有意義なサービスではないだろうか。

記者による試作レポート
オリジナルプロテイン作り
 まずは注文用シートから、自分好みの素材を選び出していく。 ニュース写真
 プロテインパウダーは植物性プロテインのピープロテインと動物性プロテインの豚コラーゲンを選択。次いで味はバニラエッセンス、割材となる飲料は豆乳、シェイク方法はシェイカーを使用。金額が異なるがミキサーを使うことも可能だ。
 プロテインの味が薄いと感じた場合でも、カラメルやメープル、オリゴ糖などを自由にトッピングすることができる。
 何も考慮せずに作ったにも関わらず、口当たりよく飲みやすかった。予想していたクセのある味ではなく、マイルドな印象。さらにメープルを加えると、嗜好品としても十分な飲料へと早変わりした。
 プロテインが注目される昨今、企画を考える事業者も増えている。開発の一助に、まずはカスタムオーダーメイドしたプロテインで、味を試してみてはどうだろうか。


トップへ