HOMEニュース一覧 ≫ 東洋酵素化学、ハワイアンスピルリナ(2019)

プロテイン&天然マルチビタミン・ミネラル

ニュース写真

 輝く自然、ハワイ島のスピルリナ
 トリプル要素を持つ元祖スーパーフード
 世界で初めて海洋深層水を用いて培養

 /東洋酵素化学
   千葉県松戸市、TEL047-355-7111

東洋酵素化学(千葉県浦安市)は、テレビでの露出度を高めているスピルリナについて、自然豊かなハワイ島で育まれたハワイアンスピルリナ「スピルリナパシフィカR」の原料・OEM供給を行っている。
 スピルリナは、スーパーフードとして注目されてきた素材だが、近年は栄養バランスが特に優れるほか、機能性色素フィコシアニンを含有することからスーパーフードの王様として存在感を強めてきた。

製造はナスダック上場のサイアノテック社
ハワイ島のコナ地区に約36万㎡の培養槽
 ハワイアンスピルリナは、米国ナスダック上場企業のサイアノテックコーポレーションが、ハワイ島コナ地区にある「HAWAII OCEAN SCIENCE & TECHNOLOGY PARK(ハワイ・オーシャン・サイエンス・アンド・テクノロジー・パーク)」内に敷設した培養槽にて生産している。
 約36万㎡にスピルリナとアスタキサンチンの原料となるヘマトコッカス藻を培養しており、年間約700トンの生産能力を有する。 ニュース写真
 殺虫剤及び除草剤不使用、遺伝子組み換えなしで、GRAS認証、HALAL認定、KOSHER認定を取得済み。世界中に34年間の供給実績がある。また、日本国内においても東洋酵素化学が品質を厳格管理している。

自然豊かな ハワイ島の海洋深層水で培養
    バナジウムが豊富なスピルリナ
 ハワイアンスピルリナの生産地となるハワイ島は、大気に淀みがなく、13カ国の天文台が集まる場所としても有名。輝く太陽、澄み渡る青海と清浄な空気がスピルリナ生産に適した環境となっている。さらに、ハワイアンスピルリナは海洋深層水で培養された世界初のスピルリナでもある。
 深層水を用いることで、一般的なスピルリナよりもバナジウムなどのミネラル分の種類と量が豊富である点も強みだ。

豊富なアミノ酸・ビタミン・ミネラル
   63の栄養素を含むスピルリナ
 ハワイアンスピルリナには、ビタミンB群をはじめ、ビタミンE、D、K1、k2、ナイアシンなどのビタミン類13成分、バナジウム、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類18成分、β-カロテン、ゼアキサンチン、ルテインなどのカロテノイド類とフィコシアニン5成分、オメガ3などの善玉脂肪酸など7成分、豊富なアミノ酸18成分など、総計62もの栄養素が含まれている。ビタミンCを除けば、人間に必要な栄養がほぼ満たされるため、世界の食糧問題にも対応しうる素材とされている。

排泄作用や脂質代謝に対する知見に着目
 スピルリナの機能面も啓蒙を推進
 同社がスピルリナの有用性の中で特に着目するのが、有害物の排泄作用や脂質代謝に対する知見データだ。スピルリナはこれまでさまざまな国内外の研究機関から、肝保護や腎保護への有用性が報告されてきた。中には、腸内の乳酸菌増殖やアレルギー反応に関わる皮膚炎の抑制を確認したものもある。
 肝臓や腎臓、血液の健康を保ち、腸内環境や皮膚状態を整えていくスピルリナの有用性は、ひいては血流を良好にし、肌質を維持することで美容にも優れた適性があるとみられている。


トップへ