HOMEニュース一覧 ≫ ネット表示活用で表示過多の是正議論へ(2018)

ネット表示活用で表示過多の是正議論へ

ニュース写真

 義務表示増加で消費者の見落としに配慮
 優先項目の選定やネット表示規定など
 委員会事務局は「外国語表示」にも言及

 /内閣府消費者委員会
 

2018年8月30日、内閣府消費者委員会の食品表示部会は食品表示の今後の論点について意見を交わし、包装上の義務表示過多で消費者が見落としを起こす問題に配慮し、表示すべき項目の優先順位やインターネットを活用した表示の在り方などを議論していく方針を示した。
 消費者や事業者らの不満を受けて、その解決の道筋を包装とインターネット表示の組み合わせによって見出そうという動きだ。
 また、国際食品規格であるコーデックス規格についてのヒアリングも行われた。消費者委員会の事務局からは外国語表記についての議論も提案されている。


トップへ