HOMEニュース一覧 ≫ シネトロール、新知見(2018)

シネトロールに除脂肪体重増加の新知見

ニュース写真

 77人規模のヒト臨床試験を実施
 体重、体脂肪、内臓脂肪が減少
 スポーツパフォーマンスの向上も確認

 /セティ
   東京都千代田区、TEL03-5510-2658

セティ(東京都千代田区)は、ダイエット向け健食原料「シネトロール」について、新たにヒト臨床試験による体重減少、体脂肪減少、内臓脂肪減少、除脂肪体重の増加、カルニチンと同時摂取によるスポーツパフォーマンスの向上が確認されたことを発表した。
 体重減少、体脂肪減少、内臓脂肪減少、除脂肪体重の増加については、BMI値25以上で29~52歳の男女77人を対象にランダム化二重盲検プラセボ比較並行試験を実施。16週間の試験の後、さらに4週間のフォローアップ観察も行った。
 その結果、シネトロールを16週間継続で摂取した群は、プラセボ群と比較して体脂肪および内臓脂肪が有意に減少し、除脂肪体重が増加することが分かった。試験終了から4週間後についてもシネトロール群で体脂肪減少と除脂肪体重の増加が維持されることが確認された。
 スポーツパフォーマンスの向上については、運動を趣味とする20~35歳の21人を対象に、シネトロールとカルニチンを用いて、ランダム化二重盲検プラセボ比較並行試験を実施。その結果、シネトロールとカルニチンを摂取し週3回の運動を行った群はプラセボ群に比べ、最大酸素摂取量が増加することが分かった。
 さらに、シネトロールとカルニチンを摂取した群は安静時代謝量が増加し、エネルギー基質利用比率として炭水化物が減り、脂質が増加したことも確認した。


トップへ