HOMEインタビュー一覧 ≫ 資生堂ジャパン株式会社 インタビュー(2)

資生堂初の「健康」に導くブランドへ

インタビュー写真

 新サプリメントブランド「N.O.U」
 健康の土台となる「脳腸相関」に着目
 資生堂ジャパン株式会社

 ビューティーフーズマーケティング室
  食品ブランドグループ 長谷川亜弥氏


――機能性表示食品についてはいかがでしょう。

長谷川 腸内環境と膝の部位については、お客さまにも伝わりやすいように機能性表示食品をラインアップしました。
 ザ・サプリでベースとなる脳腸相関にアプローチしつつ、部分的には機能性表示食品を利用していただけます。
 特に女性は便秘に悩む方が多いのですが、腸の健康は美しさにも通じるとても大切なものです。
 また、健康ブームでスポーツジム等に通う方が増えていますが、実はご自身で気づかないうちにトレーニングが過度になってしまう方も多いのです。暗い中で行うトレーニングなどもあり、つい自分の限界を超えてしまうわけです。若い方であっても、気が付いた時には膝を痛めてしまう事もあるようです。
 関節対応の機能性表示食品「サプリ ジョイナー」は、そうしたスポーツジムで鍛えている方々にも適していますので、体をいたわってぜひ利用して欲しいですね。何事も一気にやり過ぎるのではなく、無理なく継続していくことが大切です。
インタビュー写真
――販売方法で工夫されていることはありますか。

長谷川 ヘルシーライフの実現には、ただ飲めばいいというわけではありません。あくまでもN.O.Uをきっかけとして、その方々の生き方を健康的なものに導いていくことが大切です。
 そうした想いから、店頭でもアンケートを通してカンセリングを実施しています。コンビニ等で気軽に買えるサプリメントとは異なり、お客様の健康状態、生活習慣の詳しい状況を確認します。
 ヘルシーライフのアンケートは直接商品に結びつくわけではありませんが、生活習慣や健康に関する6つの項目をチャート化し、そのバランスを見ていきます。
 生活状態から、例えばチャートで特定の項目が凹んでいたり、全般的に小さかったりすると、生活を整えるためにアドバイスが必要となります。そうした改善を求めて、お客様はサプリメントだけでなく、全般的な健康相談にいらっしゃるわけです。

――生活習慣で大切なこととは。

長谷川 規則正しい食事を取ることが第一ですね。
 ――好き嫌いはないですか? と、聞くと「ない」と回答する方もいらっしゃるのですが、実は「好き嫌いがあるような生活」をしていたりします。
 バランスの取れた食事はもちろんですが、それぞれの項目でチェックが入っていれば、項目ごとに深掘りしてカウンセリングを行っていきます。

――健康ライフに関する幅広い知識が必要となりそうですね。

長谷川 お客様に安心して相談していただけるよう、N.O.U販売従事者は健康管理能力検定2級を取得しています。2級の専門知識を有することで、広く深いアドバイスを行うことができるようになります。資格は、全国健康管理能力検定協会という第三者によって得られるものです。
 健康検定に本来バッジはないのですが、資生堂では合格したN.O.Uの販売従事者に、合格した証としてバッジを授与します。
 また同協会には、当社が健康のために着目している脳腸相関についてのテキストも作っていただいており、販売従事者はその専門知識も修学します。
 協会に脳腸相関に関するテキストを作っていただくことで、客観的に認められた健康観であることの証左にもなります。

――サプリメントの販売に関して、そこまで親身なカンセリングを実施する理由とは?

長谷川 一般的に、サプリメントはセルフで買われていますが、買っている方々のインサイトをお伺いすると「今飲んでいるサプリメントが、果たして自分に合っているのかどうかわからない」といったお声が多かったのです。
 そうした方に「なぜ飲んでいるのですか?」とお聞きすると「今飲んでいるサプリを止めてしまったら、何かが悪くなるのかもしれない」というのです。ずっと使っていると、止めるのが不安になるわけですね。
 大きな変化があるわけではないけれど、何か不安感に駆られて継続している。一度も自分のサプリメントについて相談したことがないという方がほとんどだったのです。
 ――なぜかな、と。
 アメリカにはあるのですが、日本にはサプリメントを相談する場所が圧倒的に不足していたのです。
 薬局やドラッグストアはあっても、人的に充足しているわけではありません。店員はどこも忙しそうだし、的確な回答が得られるのかも分からない。
 そうした状況の打開を目指し、サプリメントについて相談できる場を創出しようと考えました。

――N.O.Uの販売はどのような場所をお考えでしょうか。

長谷川 サプリメントのお店というよりも、化粧品店での販売を考えています。美の土台は健康なわけですから、その土台から相談してもらおうということで、化粧品の相談ができるお店のカウンターで販売しています。
 全国展開で健康ライフアドバイスを行っているところです。アンケート等を通してしっかりとお客様の健康状態を把握したうえで、対面でのカウンセリングを実施していく――。そうしたお店を選定していますね。
 
 
 
 
 
 
 
 


前へ
次へ
トップへ