HOMEインタビュー一覧 ≫ 株式会社ドクターシーラボ「美禅食」インタビュー(2)

禅食に美の価値を付与し、健康的に美しく

インタビュー写真

 人気ブランド「美禅食」シリーズ
 ゴマきな粉に加え「カカオ」「抹茶」も
 株式会社ドクターシーラボ

 マーケティング部 商品企画グループ
  グループ長 市原澄子氏

 
――美禅食シリーズで新しい味も出されていますね。

市原 一つの味だけではダイエットも途中で飽きてしまいます。やはり結果を出して欲しいという想いがありますので、飽きずに成功まで辿り着いていただくために味のバリエーションを出そうと、「カカオ味」と「抹茶味」を開発しました。
 実は、甘い味ばかりでは飽きてしまうのではないかと考え、カカオをリリースする前に「コーン味」というトウモロコシ風味の商品も出していました。
 お客様や社内からも、塩味が欲しいというリクエストがあったんですね。そこで素材の味を生かせるコーンをピックアップし、塩味の美禅食を開発したのですが、結果的に廃番になってしまいました。

――どのような意見があったのでしょう。

市原 検証というほどではないのですが、考えてみると、ダイエットに取り組む方は甘いものを極力抑えています。お菓子や甘味のある食品を普段から避けるようにしているので、“逆に欲しがる”んですね。
 美禅食は、そうした甘いものを口にしたいという欲求を叶える面で評価が高かったわけです。甘いものを控えている中で、さらに塩味を出されても、脳が満足しない。
 もちろん美味しいというお客様もたくさんいらっしゃったのですが、ダイエットの根底的な悩みからは、ずれてしまったのではないかと思います。以降、塩味のあるものは作っていません(笑)。甘味で統一しています。
 ただ、甘味と言っても一つではなく、カカオのような独特の風味ある甘さや、抹茶のようなすっきりとした甘さがあります。甘味もそれぞれ感じ方が違いますので、色んな方の好みに合うようにと企画をしました。
 また、カカオであればポリフェノール、お茶であればカテキンというように、必ず美容や健康成分に着目し、味と機能性とをマッチさせるようにしています。

――パッケージについて

市原 最初の美禅食は薄い黄緑のパッケージにしました。というのも、健康や美容に効果的なコラーゲン・ビタミンCと31種もの植物を補給することができるからです。
 先行で青汁が出ていましたので、深い緑ではなく、少し浅めの緑で植物感を出しました。さらに、パッケージ上には、配合植物をほぼ網羅して載せています。パッケージからも「こんなにたくさんの植物が入っているんだ」ということをお客様に伝えられたと思います。 インタビュー写真
 
――飲み方について。

市原 豆乳と混ぜるのが一番のオススメです。もちろん水とも合うのですが、豆乳はタンパク質を補うことができますので栄養バランスに優れるのです。
 人工甘味料を使用していませんので、パウンドケーキにアレンジしたり、抹茶味のホットケーキやスコーンにしたり、お子様にも安心して出せるおやつにもなります。材料として組み込むことで、お菓子の栄養価値も高められます。
 私はヨーグルトにかけて食べたりしますね。ヨーグルトには水分がありますので、混ぜて美味しくお召し上がりいただけます。牛乳や豆乳、低脂肪ヨーグルトなど食べ方は様々です。
 ちなみに私は、1年半で7キロほど痩せました。実は会社に入社後、1年に1キロペースで太ってしまっていたのですが、7年目の時、社内プロジェクトでダイエット部が発足した際に「ここは一つ美禅食で痩せよう!」と一念発起して、第1期生として参加したのです。

――社内にダイエット部があるのですか。

市原 自分たちで美禅食の結果を出していこうと、社内で有志を募ったプロジェクトです。もちろん当時でもお客様からの結果は出ておりましたが、社内で実践しようと1年半の間、夕食を美禅食に置き換えたのです。半年でかなり実感してきましたね。今も美禅食を使い続けていますが、おかげで現在も体重をキープできています。

――置き換えは夕食が適当でしょうか。

市原 やり方は人それぞれですが、私の場合は平日の夜を美禅食に変えました。土日は家族がいますので、家族と同じものを食べています。私自身、運動が好きではないので、他には何も努力していません(笑)。
 朝食やおやつ、お子様の栄養補給など、お客様のお好みで使っていただいています。
 年齢が上になればなるほど、1食分を抜くと栄養不足になるという意識を持たれがちですが、それでも美禅食がヒットした理由には、多くの食材が入っており栄養が豊富という点が大きかったかもしれません。

――ゼリータイプの開発経緯とは。

市原 美禅食は腹持ちを良くするために、サイリウムを入れているのですが、その腹持ちの良さに着目して、さらに向上する手はないかと探していました。
 そこでダイエットしている方に、美禅食に含まれる食材の他にどんなものを食べているかヒアリングしたところ「寒天」や「ゼリー」の回答がとても多かったのです。
 そこでの失敗談ですが、美禅食の粉をそのまま混ぜてゼリーにしたものを試作したことがありました。ゴマきな粉味をゼリー化するイメージですが、これがとにかく美味しくなかったんです(笑)。
 単に粉をそのままゼリーにしただけでは、商品になり得なかったわけです。そこで31種の穀物や野菜にこだわらず、もっと視野を広げ、考え方をシフトしました。
 同じ美禅食シリーズとしつつ、これまでとは違う完全なゼリー形態の商品を構想したのです。
 砂糖不使用での設計を検討していたので、ゼリーに黒糖は配合せず、工夫を凝らしてローズピーチ風味にしました。腹持ちの良さを重視することはもちろん、味も一新して2017年5月に発売しました。
 ゼリー独特のスッキリとした後味や、のどごしの良さはウリですね。お腹にも溜まって満腹度も高いです。美禅食がヒットした時と同じような勢いで、発売後1ヶ月間に数十万個が売れ、すぐ欠品するほどの人気ぶりでした。


次へ
次へ
トップへ