※事業者専門の情報サイトです。当サイトを初めてご利用になる方は利用規約をお読みください。

HOME特集一覧 ≫ 特集 - 抗肥満素材(2018) -

特集 - 抗肥満素材 -

特集写真

 ECサイトの人気商材に着目する声も
 機能性表示食品やオーガニック原料など
 企画に役立つ有望素材が多数上市

/原料取扱い企業紹介
  機能性表示食品対応黒酢、酵母由来素材など

女性たちの悩みに寄り添う健食メーカーのマーケッターなら誰もが一度は浮かべるだろう“ダイエットは女性の永遠のテーマ”。近年は健康寿命の観点からも老若男女問わずボディコントロールが重要視されており、対応する機能性表示食品やプロテイン商材が注目されてきた。そこで、原料サプライヤー・OEM事業者らに、日本人の健康長寿の未来を占う抗肥満対応素材を取材した。
特集写真

 
除脂肪体重(じょしぼう・たいじゅう)
 海外市場に詳しい原料サプライヤーらが抗肥満向け素材についてアナウンスする際に使うキーワードが「除脂肪体重(LBM)」だ。LBMは、文字通り体脂肪を除いた体重のことで、筋肉や骨、内臓の総量を指している。骨太で筋肉質な体は基礎代謝が高く、その分太りにくくなる。
 体づくり素材で一躍話題となったHMBの原料ブランド「HMβ」も、既存のコアユーザーであるアスリート以外のマーケットへと裾野を広げるべく、2018年6月に名称を「myHMB」にリブランディングした。

――iHerbで人気の商材を作りたい
 美容家の間で人気を博している海外健食のショッピングサイト「iHerb(アイハーブ)」。その売れ筋ランキングの上位に君臨する「リポソームビタミンC」は、2018年の開発者インタビューでも話題となった高吸収性ビタミンである。
 こうしたiHerbのランキングに目を光らせる健食マーケッターもおり、業界では「iHerbで人気のある商材と同様の商品を作りたい」といった要望も出ているという。
 特にランキングや評価数で目に付くのが“バー”タイプの商品だろう。低糖質ダイエットのルーツとなった「ローカーボダイエット(ロカボ)」の提唱者ロバート・アトキンス氏の名を冠するアトキンスブランドシリーズが見受けられる。同商品は概略すれば「糖質をあまり含まないプロテイン入りの甘い食べ物」。アマゾンの日本人レビューでは、砂糖をあまり取りたくないが甘いものが食べたいときの選択肢と捉える人もいるようだ。

食欲満載のダイエット食品も
 食べたいけれど太りたくない。そんなニーズに応えた海外の企画に「ニュートリシステム」がある。ある担当者は「こんなに食べてもダイエット食品になるのか」と驚きを隠さない。しかし、日本版のニュートリシステムは大手食品メーカーによってすでに大々的に展開され、終了を見ている。一度終わりを告げたカテゴリーには色眼鏡で見てしまうが、当時の日本版ニュートリシステムは「値段が高かった」「美味しくなかった」と、指摘されている理由が鮮明だ。
 もともと海外と日本とではサイズ感が異なるが、より一般食品に近い健康食品が注目されている昨今、ダイナミックに「食べる」と「体重をコントロールする」を両立させた和製ニュートリシステムも「アイデア次第なのではないか」といった声もあった。

機能性表示や斬新な切り口も
 魅力素材多数
 原料サプライヤーらからは抗肥満の機能性表示食品に対応する有望素材や酵母由来原料、オリジナリティのある酵素系商材、オーガニック商材、日本原産の植物由来原料、特許素材、特許素材を組み合わせたオリジナル原料、他社にはない機能性研究の進化など、魅力的な健食原料が多数アナウンスされている。


独自性に富んだ抗肥満素材をラインアップ

特集写真

 機能性表示食品対応の黒酢シリーズ
 採用拡大中の「アカショウマエキス末」
 食欲にアプローチする低分子酵母素材も

/ビーエイチエヌ
  東京都千代田区、TEL03-5281-5661

ビーエイチエヌ(東京都千代田区)は、開発向けの抗肥満素材として「アカショウマエキス末」「酵母ペプチドDNF-10」「黒大豆玄米酢」「有機米黒酢」「福山黒酢」「20倍濃縮黒酢末」「黒大豆玄米酢末」を供給している。独自性に富んだ健食原料を多数取り扱うほか、関連製品の受託製造も行っている。

機能性表示食品の開発を可能とする、
  日本人に馴染み深い黒酢シリーズ
 黒大豆玄米酢、有機米黒酢、福山黒酢の3原料は、酢酸を関与成分とする機能性表示食品の開発を可能とした有望素材。ダイエットに特化したヘルスクレームを謳えることが大きな強みだ。
 実際に受理された表示内容は「酢酸は、おなかの脂肪(内臓脂肪)を減少させる機能、おなか周りのサイズを減らす機能があることが報告されています。おなかの脂肪、おなか周りのサイズが気になる方に適した食品です」。
 摂取量は酢酸として750㎎/日 以上、黒酢として約19ml/日。3原料とも酢酸を4.2%以上、酸度4.2%以上で規格している。
 黒酢シリーズは、機能面だけでなく、ストーリー性にも十分な語り口を持つ。もともと玄米や黒大豆は日本人に馴染み深い食品だが、同社の取扱い原料では、200年以上の長きにわたって受け継がれてきた伝統的な製法――アマン壺による壺作り製法が採用されている。
 原材料となる玄米・黒豆も贅沢に使用しており、霧島市一帯に湧き出る天然ミネラルが豊富な地下水を用いて仕込んでいる。

フィットネスジムのPBにも採用拡大へ
  20年来のダイエットサポート素材
   「アカショウマエキス末」
 アカショウマエキス末は、脂肪吸収抑制と脂肪分解促進の2作用でヒト臨床試験のデータを取得したダイエットサポート向け原料だ。国内では20年以上の供給実績があり、「吸収」と「むくみ」に関する特許も取得。特に、むくみの改善についての体感性に優れている。
 運動との併用で得られる相乗性が評価され、2017年にはフィットネスジムでアカショウマエキス末を主素材とする燃焼系のPBサプリも誕生したところだ。

食欲抑制にアプローチする、
 カロリーカット素材
  「酵母ペプチドDNF-10
 酵母ペプチドDNF-10は、パンや清酒製造で使用される酵母「Saccarromyces cerevisiae」を平均分子量10,000以下の低分子ペプチドで規格した新世代ダイエット素材。その最大の特長は、体重過多の根本的な要因となる「食欲」の抑制にアプローチできる点にある。
 マウスの試験では、血中の食欲抑制因子である「レプチン」が増加し、食欲増進因子である「グレリン」が減少することを確認。さらに日本人女性21人を対象としたヒト臨床試験では、酵母ペプチドDNF-10をそれぞれ250mg/日、1000mg/日ずつ配合したクッキーを4週間摂取した結果、両群において摂取カロリーが有意に低下することが認められた。


免税店でも採用拡大、人気のブラジル酵素

特集写真

 粉末、ドリンク用、ペースト製品を供給
 有機アガベイヌリン、シロップも
 血糖値に配慮した青汁やコーヒーに

/テルヴィス
  東京都中央区、TEL03-3808-0694

テルヴィス(東京都中央区)は、オリジナリティに富んだ植物群を原料とする「ブラジル酵素」のほか、2017年来ラインアップを充実させてきた「有機アガベイヌリン」や「オーガニックサチャインチナッツ」、「有機カカオニブ」など、数々の魅力的なオーガニック原料を供給している。

免税店アイテムとして引き合い増加
 定番人気の「ブラジル酵素」
 美容と健康の定番から、近年は免税店の企画商品としても人気を獲得しているのがテルヴィス社の主力原料の一つ「ブラジル酵素」だ。ますます増加していく訪日外国人のニーズに対し、同原料の美味しく続けやすい「味」が受け入れられているようだ。
 ブラジル酵素は、南米ブラジル原産の有用植物を多数取り入れた植物発酵原料ブランドで「粉末品」「ドリンク用」と、マスコロイダー処理の「ペーストタイプ」をラインアップ。携行性の良さが人気のスティックタイプのほか、多彩な形態での商品化が可能だ。

青汁やコーヒーにも、
低GIのオーガニック食品原料
 「アガベイヌリン」
 低GI食品で健康的な甘味料「有機アガベシロップ」、天然由来の食物繊維として健食分野で活躍の場を広げる「有機アガベイヌリン」も好調だ。
 有機アガベシロップは、食後の血糖値上昇がゆるやかな低GI食品で、糖尿病予備軍の増加が問題視される昨今、砂糖の代わりに使用される機会も増してきた。特に健康経営が着目されるビジネス界でも、社内外で供される頻度の多い「コーヒー」の甘味料としても適役。健康づくりはもちろん、商談シーンでの話題づくりや健康経営の姿勢を示せる有意義なアイテムだ。
 また、有機アガベイヌリンは整腸作用が期待できる「有機で培われた天然由来の難消化性デキストリン」。ビフィズス菌を増やす作用が期待でき、女性ニーズにも対応する。青汁やプロテインといった人気のカテゴリーでも採用機会を増やしているところだ。
 有機に着目する企業も増えてきており、大手製薬会社が社内売店でオーガニック商品を取り入れ、大型家具チェーン店も有機飲料などの採用を始めている。

原料調達・情報機能を強化し、
  新たな健康素材開発も
 2017年に貿易部とオーガニック食品部を創設したテルヴィス社は、従来以上に幅広い素材製品の供給体制と情報収集能を強化してきた。ブラジル酵素や有機アガベ素材のほか、「オーガニックサチャインチナッツ(無塩)」や高純度マキベリー原料「デルフィノール」などを取り扱う。2108年も新素材を上市する予定だ。


本ワサビが有する多彩な健康機能を発信

特集写真

 抗肥満対応の「ワサスリム」
 従来の用途から一線画すワサビの新価値
 脂肪燃焼に関する遺伝子の発現促進を確認

/アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス
  東京都中央区、TEL03-3547-4676

アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス(東京都中央区)は、開発向けの抗肥満素材として本ワサビの葉から抽出した「ワサスリム」を供給しているほか、本ワサビを由来とするさまざまな健康素材を扱っている。

多彩な機能性を示す
  健康素材として優れた本ワサビ
 日本人に馴染み深い「ワサビ」。実は日本を原産とする「本ワサビ」には、奥深い健康機能が多数秘められており、その機能性に着目して研究を続けてきたのが本ワサビ一筋の専門企業、金印だ。80年以上の長きにわたり本ワサビを扱ってきた同社では、本ワサビに含まれるさまざまな健康成分を生かす取り組みを行っており、アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンスがその支援をしながら、ともに啓蒙活動を行っている。
 本ワサビに含まれる健康成分を含む原料は一様ではなく、化粧品用途で用いられる美肌・育毛原料「ワサビフラボン」をはじめ、抗肥満に対応する「ワサスリム」、抗炎症や消臭、リラックス作用を示す「ワサビチオヘキシル」、抗酸化や膝関節、育毛、認知機能に至るまで数多くの研究が行われている「ワサビスルフィニル」などがある。
 これまでワサビと言えば食膳の「香味添え」や菓子類の「フレーバー付け」といったイメージを持たれてきたが、こうした長年の研究によって開発されてきた本ワサビ由来の健康素材によって、従来の用途とは一線を画した新たな領域での活用が期待されている。

本ワサビ由来の抗肥満素材
 「ワサスリム」
 ワサスリムは、本ワサビが有する健康機能の中でも脂肪燃焼促進作用に特化した抗肥満素材だ。ワサビ葉から抽出したエキスで、主に「イソビテキシン」「ルテオリン」といった有用成分を含有している。
 研究では、ラット由来初代褐色脂肪細胞を分化させた後、各試料を添加して、脂肪蓄積率の変化および脂肪燃焼に関する遺伝子の発現を解析。ワサスリムに含まれるイソビテキシンおよびルテオリンの添加により、脂肪蓄積率の有意な低下を確認した。
 さらに脂肪燃焼に関連する遺伝子の発現変化を調べたところ、β-3アドレナリン受容体(β-3AR)およびUCP-1の発現が増加することがわかった。
 これらの結果から、本ワサビ葉由来フラボノイド類がβ-3ARおよびUCP-1の発現を促進することで、白色脂肪細胞および褐色脂肪細胞から遊離脂肪細胞を取り出しやすくし、脂肪燃焼を促進することが示唆された。

ヒト試験でエネルギー消費量への影響調査
 ワサスリム摂取によるエネルギー消費量及び脂質燃焼効率への影響調査では、プレ試験としてヒューマンカロリーメーターを用いて測定。その結果、ワサスリムの摂取により、脂質燃焼効率が増加する可能性と、基礎代謝系の活性化によるエネルギー消費亢進の可能性が示唆された。


フルーツ抽出エキス「シネトロール」

特集写真

 効率的な作用引き出す独自配合で開発
 中性脂肪の分解回路を活性化
 95人規模の臨床で体重、脂肪などが減少

/セティ
  東京都千代田区、TEL03-5510-2658

セティ(東京都千代田区)は、抗肥満素材としてフルーツ抽出エキス「シネトロール」を供給している。シネトロールは、オレンジ、グレープフルーツ、レッドオレンジから抽出した機能性抽出エキス。それぞれのフルーツに含まれる有用成分を発揮させる効率的な独自配合によって開発している。
 ホスホジエステラーゼ(PDE)の阻害により中性脂肪の分解回路を活性化するメカニズムが解明されており、ヒト脂肪細胞の分解作用を確認している。
 95人を対象とするヒト臨床試験ではシネトロールの摂取によって体重、体脂肪、ウエスト周り、ヒップ周りの減少が認められたほか、脂質代謝が改善するデータも得られている。


サラシアやコーヒー豆など多彩な原料供給

特集写真

 MCTパウダーやビートジュースも
 ダイエットからスポーツまで対応
 開発者向けに最終製品を見える化で提案

/バイオアクティブズジャパン
  東京都豊島区、TEL03-5981-0601

バイオアクティブズジャパン(東京都豊島区)は、開発向けの抗肥満素材として「サラシア・レティキュラータ」「コーヒー豆」「MCTパウダー」のほか、スポーツニュートリションに対応する「ビートジュースパウダー」や「MCTオイル」、「マリーゴールドエキス(バイオルテイン)」など多岐にわたる原料を取り扱っている。
 商品企画や設計をダイレクトにサポートするべく、同社では健康素材を取り入れた「最終製品」の見える化に取り組んでいる。
 一般食品により近い健康商材が注目される中、同社では有用性の高い健康的な素材を用いた「パウンドケーキ」や「スープ」、「スムージー」などのモデル品を用意。味や機能感の設計を既に検討・調整していることから、ブランドオーナーが新商品の開発にかかえる負担を軽減することができる。


コレウスフォルスコリ抽出物ほか多数上市市

特集写真

 サラシア、ガルシニア、白インゲン豆など
 3つの米国特許素材を配合した独自原料も
 理想的な体重管理素材「リーンガード」

/サビンサジャパンコーポレーション
  東京都豊島区、TEL03-5979-7240

サビンサジャパンコーポレーション(東京都豊島区)は、抗肥満素材として「フォースコリンパワー」「サラシアレティキュラータ」「ガーシトリン」「ファベルノールフォース」「ターミナリアベレリカ」のほか、3つの特許素材を組み合わせた「リーンガード」などの植物由来原料を多数供給している。
 リーンガードは、サビンサ社が開発した3つの米国特許素材「フォースリーン(日本名はフォースコリンパワー)」「ガーシトリン」「バイオぺリン」を配合したオリジナル原料。フォースリーンの除脂肪体重を増加する作用、ガーシトリンの脂肪酸や脂質の合成を抑制する作用、バイオペリンの栄養素吸収率を向上させる作用など、それぞれが持つ特長を組み合わせ、理想的な体重管理素材を実現した。
 同社では、インドに5工場を有する製造元サミラブズリミテッド社との連携により製造から供給に至るまで同グループ内での一貫体制を構築。規格化素材の迅速かつ安定した供給に取り組んでいる。


L-シトルリンの抗肥満・抗メタボ機能を研究開発

特集写真

 国内自社工場製造の原料を供給
 糖代謝改善、摂食抑制作用による
 体重増加抑制を確認

/プロテインケミカル
  東京都千代田、TEL03-3596-0066

プロテインケミカル(東京都千代田区)は、開発向け抗肥満・抗メタボ素材として「L-シトルリン」の機能性研究、国内自社工場での製造と原料供給を行っている。
 L-シトルリンは、日本でも馴染み深い「スイカ」などウリ科の植物に含まれる遊離アミノ酸の一種。
 同社では、L-シトルリンが「抗肥満・メタボ」改善作用を有することを見出し、研究を進めてきた。
 L-シトルリンが肥満モデル動物に対して摂食抑制作用によって体重の増加を抑制すること、糖代謝を改善することを確認している。また、L-シトルリンはNO産生、血管拡張作用も知られていることから、抗肥満・抗メタボ素材としての提案を進めている。


トップへ