HOME食品原料開発 一覧 ≫ アーユルヴェーダ素材で機能性表示

アーユルヴェーダ素材で機能性表示

新製品写真

 「ターミナリアベリリカ タブレットT」
 食後に上がる中性脂肪を抑える
 2016年6月9日に届出受理

 /東洋新薬
   福岡県福岡市(本社)TEL03-5501-7788(広報部)

東洋新薬(本社:福岡県福岡市)は機能性食品対応素材として「ターミナリアベリリカ」を取り扱っている。2016年6月9日に、機能性表示食品として「ターミナリアベリリカ タブレットT」が消費者庁に届出受理。機能性関与成分は「ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)」で、食後に上がる中性脂肪を抑える機能性が報告されている。
 同素材は、アジア諸国の森林地域に広く自生している広葉樹「ターミナリアベリリカ」の果実から抽出した食品原料だ。ターミナリアベリリカはポリフェノールを多く含んでおり、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」で古くから肝臓保護や下痢止めに用いられてきた経緯がある。
 同社はターミナリアベリリカの機能性について内臓脂肪蓄積抑制作用、糖尿病予防作用、血中中性脂肪値上昇抑制作用があることを確認しており、メタボリックシンドロームに有用な素材として提案している。


トップへ