HOME食品原料開発 一覧 ≫ 花粉症様症状の軽減作用を確認

花粉症様症状の軽減作用を確認

新製品写真

 乳酸菌KT-11株の摂取による健康機能
 女子栄養大学との共同研究で
 査読つき応用薬理研究会の学術誌に掲載

 /キティー バイオ事業部
   TEL03-6457-7990

キティー(新宿区荒木町)は、女子栄養大学との共同研究で、独自開発の乳酸菌(Lactobacillus crispatus)KT-11株加熱殺菌体を摂取することによる花粉症様症状の軽減およびその安全性を確認した。
 花粉症様症状を訴える健康な人のボランティアに対してKT-11株を摂取させたところ、症状の軽減とその安全性が認められた。
 同研究成果は、2016年4月4日に査読のある応用薬理研究会の学術誌「応用薬理詩」に受理されている。
 今後、機能性表示食品の対応素材にすることも視野に入れて、製品メーカーを募りつつ開発を進めていく姿勢だ。
 なお、同社の販売原料「KT-11HP」は、3月31日に日本健康・栄養食品協会の「健康食品の安全性自主点検認証」を取得している。


トップへ