食品原料開発 Development

新素材の上市、新たな研究成果発表など食品原料の最新情報を掲載します。

HOME ≫ 食品原料開発 一覧

男性機能に対応する特許素材を開発

食品原料開発写真

命と健康に寄与する機能性素材を創出する企業、ファーマフーズ(京都市西京区)。GABAの機能性にいち早く注目し、リラックス、睡眠、疲労感、血圧の改善機能を解明した。2012年GABAの原料ブランド「PharmaGABA」が北米にてアミノ酸部門売り上げ第一位となり、今や、GABAの世界的なリーディングカンパニーに成長して…


注目の新鋭素材! 日本初の温泉由来成分

食品原料開発写真

サラヴィオ化粧品(大分県別府市)は、「温泉藻類®RG92」の研究開発、化粧品、医薬部外品、及び食品原料の供給を行っている。RG92は、大分県の別府温泉から発見された新種の微細藻類。わかめや昆布と同じ藻の一種であり、温泉中に生息している。藻類の健康素材といえば「クロレラ」や「スピルリナ」、「ユーグレ…


利便性優れる「ビフィズス菌」素材を上市

食品原料開発写真

ヒト由来の乳酸菌「KT-11」など乳酸菌素材の研究開発・販売事業を手掛けてきたキティー(東京都新宿区)は、食品原料としてビフィズス菌加熱処理粉末「ビフィスリム菌™KMH001」を2017年4月より提案を開始した。ビフィスリムは、ヒト由来のビフィズス菌(Bifidobacterium longum KMH001株)を独自の方法の…


αオリゴ糖、乳化作用でも多分野に長所

食品原料開発写真

シクロケム(東京都中央区)は、スーパー難消化性デキストリンこと「αオリゴ糖」が発揮する乳化作用について、添加する濃度によって粘度を調節できるメカニズムを解明した。油分カットのドレッシングや卵不使用のマヨネーズ、世界の食糧問題を見据えた植物肉のテイスト開発などを推進しており、幅広い食品分野での利用を促している…


αオリゴ糖に動脈硬化防止の新知見

食品原料開発写真

シクロケム(東京都中央区)は、研究開発を進めるスーパー難消化性デキストリンこと「αオリゴ糖」で、新たに究明されたアテローム性動脈硬化の抑制に関する新知見を報知した。内容は、2016年12月に学術誌「Molecular Nutrition & Food Research」に受理された論文で、米国National Institutes of Health(NIH)のSakuraiらのグループが…


米国で特許取得したダイエット向け原料

食品原料開発写真

バイオアクティブズジャパン(東京都豊島区)は、北海道の新薬開発リサーチセンターとアメリカンメディカルホールディングス社と共同で、ダイエット向けのオリジナル原料「FB3®」を開発した。FB3は、伝統的なインドハーブ「コレウスフォルスコリ」と「サラシアレティキュラータ」、ゴマの健康成分として知られる「セサミン」の…


不安定の辛み成分MTBIを安定化

食品原料開発写真

シクロケム(中央区日本橋)は、スーパー難消化性デキストリンとして提唱する環状オリゴ糖であるαオリゴ糖を用いることで、大根に含まれる健康的な辛み成分「MTBI(4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアネート)」を安定化することに成功した。水を加えればいつでも「大根おろし」ができる「MTBI含有ダイコンαオリゴパウダー」として…


変形性関節症の痛み軽減の可能性

食品原料開発写真

東洋新薬(本社:福岡県福岡市)は、山菜「こごみ」に変形性関節症の痛みを軽減する可能性があることを確認し、日本食品科学工学会第63回大会でその研究内容を発表した。変形性膝関節症のモデルラットに、こごみ粉末を1日1回2,000mg/kg経口投与し、投与7日目および14日目に下肢の痛覚過敏に対する評価を…


独自開発のアレルギー対応素材

食品原料開発写真

うるばな宮古(新宿区新宿)は、20年来研究を続けてきた機能素材「宮古ビデンス・ピローサ」の関連製品をOEM供給している。宮古ビデンス・ピローサは、沖縄の宮古島で栽培されたキク科センダングサ属のハーブで、食品としての販売実績は18年以上。このほど、アレルギーに対する機能…


独自開発素材「沈香葉エキス末」

食品原料開発写真

アピ(岐阜市加納桜田町)は、岐阜薬科大学および科学技術振興機構との産官学連携で独自素材「沈香葉(じんこうよう)エキス末」を開発した。「緩下剤及びこれを含む食品」として特許(第5187802号)を取得しており、このほど同素材を関与成分とする「沈香の恵」が機能性表示食品B11として…


アーユルヴェーダ素材で機能性表示

食品原料開発写真

東洋新薬(本社:福岡県福岡市)は機能性食品対応素材として「ターミナリアベリリカ」を取り扱っている。2016年6月9日に、機能性表示食品として「ターミナリアベリリカ タブレットT」が消費者庁に届出受理。機能性関与成分は「ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール(没食子酸として)」で、食後に…


機能性表示食品に対応4素材

食品原料開発写真

オリザ油化(愛知県一宮市)は、機能性表示食品の対応素材として「オリザセラミド®」「黒ショウガエキス」「オリザギャバ®エキス」「生コーヒー豆エキス」の4製品のSRを終了しラインアップ。そのうち黒ショウガエキスについて、2016年6月10~12日にパシフィコ横浜で開催された日本抗加齢医学会総会でポスター発表を行った…


マヌカハニーの腸内改善機能に新知見

食品原料開発写真

このほどマヌカハニーの腸内環境改善機能に関する新しい検証結果が報告された。2016年3月に札幌で開催されたジュニア農芸化学会で、山村学園山村国際高等学校生物部の高野美穂さんが発表した「マヌカハニーのマウス腸内フローラにおよぼす影響」だ…


ラクトフェリンの原料供給を開始

食品原料開発写真

青葉貿易(中央区八丁堀)とテルヴィス(中央区日本橋)は、オーストラリアから輸入したBega Cheese社製ラクトフェリン原料の供給を5月より開始した。粉末原料でカプセルやタブレット、ドリンクのほか、トローチなど…


赤パプリカ由来機能素材を6月より販売

食品原料開発写真

グリコ栄養食品(大阪市西淀川区)は、南欧スペイン産の赤パプリカから抽出精製した健康食品向け素材「PapriX®(パプリックス®)」を6月から販売開始する。機能面では7種のキサントフィルを含有したPapriX®を摂取することにより…


花粉症様症状の軽減作用を確認

食品原料開発写真

キティー(新宿区荒木町)は、女子栄養大学との共同研究で、独自開発の乳酸菌(Lactobacillus crispatus)KT-11株加熱殺菌体を摂取することによる花粉症様症状の軽減およびその安全性を確認した。花粉症様症状を…


トップへ