熱を生み出す機能性を美容にも

インタビュー写真

 サプリ「アロニアHEATリズム」
 女性のリズムを整えて健やかな日々に
 オルビス株式会社

 商品企画部 主任
  谷村英里子氏

化粧品や美容・ダイエット向け食品など女性の生活に寄り添う商品を開発しているオルビス株式会社。ダイエット向けに企画してきたアロニア商品の新展開として、このほど美容向けサプリメント「アロニアHEATリズム」を販売開始。開発背景や商品設計、魅力について、商品企画部 主任の谷村英里子氏に聞いた。――開発背景とは。「アロニアという素材の魅力を、より多くの女性に体感してもらいたいと思い開発しました。アロニアは弊社が独自に研究を進めた、もともとはダイエット機能に優れた素材です。これまでにも…


新サプリPB「エスセレクト サプリメント」

インタビュー写真

 見直し図り、お客様目線でPBを再編成
 一つ一つの専門性を追求した商品開発へ
 株式会社スギ薬局

 商品統括部 ウェルネスサポート部
  千綿麻祐子氏

オリジナルサプリメント『エスセレクト サプリメント』を全国のスギ薬局店舗にて発売したスギ薬局株式会社。シリーズサプリとして8種類をラインアップし、そのうち7種類には1袋あたり約50億個の「植物性乳酸菌」を配合。スギ薬局のPBや開発背景について、商品統括部 ウェルネスサポート部の千綿麻祐子氏に聞いた。――スギ薬局のプライベートブランドについて。千綿「数年前までPB拡大に向けて新商品を次々と投入していましたが、一度大きな見直しを図り、現在、最大で1500SKU近くあったPB商品は…


新たな構想を続々と発信、業界をリード

インタビュー写真

 教育、ブランディングサポート等を実施
 海外やメディカル事業にも新展開
 一般社団法人日本スーパーフード協会

 代表理事
  勝山亜唯美氏

市場を席巻したキーワード“スーパーフード”。その立役者として活躍する一般社団法人日本スーパーフード協会は、知識啓発のための資格制度や先を見据えたランキング、ジャパニーズスーパーフード、モバイルスーパーフードなど、数々の新構想を生み出し、積極的に世に発信し続けている。同協会の代表理事を務める勝山氏に、産業隆盛に向けた取り組みについて聞いた。――スーパーフードは今後も進化していくのでしょうか。「当協会の活動も日本では四年目になりますが、スーパーフードは常に進化し続けて…


5年で2倍500億円、活況のシリアル市場

インタビュー写真

 人気ブランド「カルビーフルグラ」
 "朝食革命"掲げ、30年の歴史
 カルビー株式会社

 マーケティング本部 フルグラ事業部
  企画部長 網干弓子氏

近年、女性を中心に人気のあるフルーツグラノーラ。さまざまな新商品が登場しており、日本の朝食を色彩豊かなものへと変革させつつある。そのフルグラ市場をけん引するカルビー株式会社のシリアルブランド「カルビーフルグラ」について、マーケティング本部フルグラ事業部 企画部長の網干弓子氏に聞いた。――働く女性がメインターゲットなのでしょうか。当時は、男女雇用機会均等法が制定され、女性たちが活躍していく時代の先駆けだったという背景があります。当社としては、働く日本の女性たちを応援していこうと…


日本に新たなアンチドーピング認証を導入

インタビュー写真

 国際的サプリメント認証「インフォームドチョイス」
 「DNS」国内第1号ブランドに
 株式会社ドーム

 社長室 執行役員(サプリメント部門担当)
  青柳清治氏

スポーツニュートリション分野で専門的な製品を開発している株式会社ドーム(東京都江東区)は、このほど自社ブランドの「DNS」において国内初となるアンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を取得した。2020年の東京五輪に向け、スポーツへの取り組みが本格化していく中、同社が先導する革新的な認証制度について執行役員(サプリメント部門担当)社長室 サプリメント・メディカル事業部長の青柳清治氏に聞いた。――アンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」の導入経緯とは。


10年連続2桁成長のサプリブランド

インタビュー写真

 アサヒのサプリ「ディアナチュラ」
 機能性表示食品「ディアナチュラ ゴールド」
 アサヒグループ食品株式会社

 ヘルスケア事業本部 ヘルスケアマーケティング部
  副課長 荒瀬尚代氏

テレビCMのフレーズでもお馴染み、アサヒのサプリ「Dear-Natura(ディアナチュラ)」。ブランド発足から留まることなく成長し続ける人気のシリーズサプリメントは、機能性表示食品制度の開始と同時に「ディアナチュラ ゴールド」を展開し、ラインアップをさらに充実してきた。その魅力や特長について、アサヒグループ食品株式会社(東京都渋谷区)、ヘルスケア事業本部ヘルスケアマーケティング部副課長の荒瀬尚代氏に聞いた。――ディアナチュラのコンセプトとは。


街の薬局・薬店の新スタイルを全国へ展開

インタビュー写真

 「KAMPO煎専堂(かんぽう・せんじどう)」
 後世にも手軽に漢方を利用できる店舗を
 株式会社タキザワ漢方廠

 代表取締役社長 瀧沢努氏(写真左)
  営業本部・経営戦略室 部長 篠塚昌一氏

全国の街の薬局・薬店向けに漢方・健康食品を製造販売しているタキザワ漢方廠(埼玉県さいたま市)は、気軽に漢方を利用できる薬局・薬店の新スタイル「KAMPO煎専堂(かんぽう・せんじどう)」を展開している。街の薬局・薬店が果たしてきた地域の健康相談の場としての役割――。身体に悩みがあればまず立ち寄って気軽に相談することができた昔ながらの薬局・薬店の機能を再興すべく、同社が発信する新ビジネスモデルについて、代表取締役社長の瀧沢努氏と営業本部・経営戦略室部長の篠塚昌一氏に聞いた。


サプリメントをより「手軽に」「楽しく」

インタビュー写真

 楽しい生活を応援する「UHAグミサプリ」
 味や色にこだわり、若年層から人気獲得
 UHA味覚糖株式会社

 H&B開発セクション 北中進介氏(写真左)
  マーケティングセクション 岡本一洸氏

水なしで、いつでもどこでも手軽に利用できるグミ形状のサプリメント「UHAグミサプリ」。より生活の輪の中に入り込める「剤形」に着目してきたUHA味覚糖(大阪市中央区)が展開する次世代型サプリについて、H&B開発セクション・H&B開発デパートメントでリーダーを務める北中進介氏、マーケティングセクション・H&Bマーケティングデパートメント、係長である岡本一洸氏に聞いた。――UHAグミサプリの開発背景とは。


おやつの時間にサプリを

インタビュー写真

 サプリブランド「おやつにサプリZOO」
 こども向けシリーズも積極展開
 株式会社ユニマットリケン

 学術課 課長
  中村雅之氏

ドラッグストアなどに積極的な商品展開を行っているユニマットリケン(港区南青山)。特に最近、手軽に利用できる「おやつにサプリZOO」やドロップグミ、チュアブルタイプなど子供向けの健康食品が好調だ。商品開発を手掛けている学術課課長の中村雅之氏に開発方針を聞いた。――おやつにサプリZOOのコンセプトとは。中村「おやつにサプリZOO」は、オフィスワーカーが仕事の合間におやつを食べる…


患者向けのダイエットプログラム

インタビュー写真

 「DHC患者様減量サポートプログラム」
 フォーミュラ食+サポート体制
 株式会社ディーエイチシー

 販売促進部 部長 竹内ゆかり氏
  一課 吉田桃子氏(写真左)、二課 加藤直人氏(同右)

さまざまな種類の商品が登場しているダイエット食品。中でも(株)DHC(港区南麻布)は、商品そのものの価値だけでなく「サポート体制」という利用者に寄り添ったサービスを提供することによって付加価値を生み出し、培ってきたノウハウや経験をもとに企業や病院向けに積極的に展開している。販売促進部長の竹内ゆかり氏、一課の吉田桃子氏、二課の加藤直人氏に「DHC患者様減量サポートプログラム」について…


スポーツと健康を支えるサプリブランド

インタビュー写真

 新開発「オキシドライブ」
 呼吸持久力の向上をサポート
 江崎グリコ株式会社

 マーケティング本部 健康事業マーケティング部
  井上蕗子氏

「おいしさと健康」という創業から続く精神を継承しつつ、1999年に誕生したのが、グリコのスポーツ向けサプリメント「パワープロダクション」です。このブランドは、通常の菓子ということではなく、目的に沿うしっかりとした栄養素を含んでいることがキーとなります。スポーツと健康には密接な関係があるのですが…


健康情報の拠点へ 変わる薬局スタイル

インタビュー写真

 QOLサポートクオール薬局
 簡易測定機器とICT導入で健康支援を拡充
 クオール株式会社

 健康サポート薬局推進室 室長
  中村貴之氏

国は日本再興戦略で「健康相談や健康情報の提供を行うなど、セルフメディケーションの推進のために薬局・薬剤師を活用する」ことを決定。新たな薬局の在り方が模索される黎明期、クオール(港区虎ノ門)は健康サポート薬局に積極的に取り組み、八王子にモデル店舗を開店した。健康サポート薬局推進室長の中村貴之氏に、薬局の未来ビジョンについて…


健康寿命の延伸視野に制度設計を

インタビュー写真

 「食品表示法は表示の法律」
 医療費の削減から国に多くのメリットを
 日本チェーンドラッグストア協会

 事務総長
  宗像守氏

機能性表示食品の関与成分に関する検討会が半ばを過ぎ佳境に入っている。議論内容は栄養成分と関与成分が明確でないものの取り扱いについて。学術的に表示の拡大化を反対する意見もある中で、業界側として積極的に制度の意義やメリットを説き、前向きな意見を出している日本チェーンドラッグストア協会事務総長の宗像守委員に…


マツキヨ新ブランド「matsukiyoLAB」

インタビュー写真

 東日本大震災を機に、DGSの専門性を追求
 全部署が一体でつくるマツキヨの新業態
 株式会社マツモトキヨシホールディングス

 商品戦略室 商品開発担当 主査
  櫻井壱典氏

次世代ヘルスケア事業としてマツモトキヨシ(千葉県松戸市)が新たに打ち出したブランド「matsukiyoLAB(マツキヨラボ)」。ドラッグストアの専門性を追求した「店舗サービス」と、新しい健康食品の「プライベートブランド」という2つの軸によって、新業態モデルの構築を目指して…


腸内環境や美容に関する研究成果を解説

ニュース写真

 マヌカハニー(MGO)が善玉菌を増加
 包接技術で美容成分の吸収性向上
 美容液「トリプルエッセンス」

 /コサナ
   東京都中央区、TEL03-6262-1512

コサナ(東京都中央区)は、第2回コサナセミナーを開催し、マヌカハニーの腸内環境に対する機能性や美容液「シクロラボラトリ トリプルエッセンス」の作用メカニズムについて解説した。「――ヨーグルトにマヌカハニーを混ぜると、乳酸菌は減るのでしょうか」。聴講者からの疑問に、寺尾代表は…


ファンケルが新業態店舗を開店

ニュース写真

 「FANCL beauty&health」
 流行に敏感な20~30代女性たちに
 内外美容をわかりやすく紹介

 /ファンケル

ファンケル(横浜市中区)は、3月15日から新業態店舗「FANCL beauty&health」をマロニエゲート銀座2(旧プランタン銀座本館)に開店する。また、同月17日から「新宿 マルイ本館店」を同業態の店舗に改装し、リニューアルオープンする。FANCL beauty&healthは、美容やファッションの流行に敏感な20~30代の…


マツキヨ、ブランド価値の成長率第1位に

ニュース写真

 前年度から28%増のブランド成長率
 インターブランド社が調査発表
 新PBや新店舗、利益の高伸長を評価

 /マツモトキヨシホールディングス

マツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)は、ブランド価値成長率で第1位になったと発表した。調査は世界最大のブランディング専門会社であるインターブランド社が実施。日本発ブランドを対象としたブランド価値評価ランキング「Best Japan Brands 2017」が発表され、マツモトキヨシブランドは…


特集 - 健康人参素材 -

特集写真

 幅広い有用性持つ古来の伝統素材
 サプリや茶、一般食品など多彩な企画に
 独自健食原料で更なる商品展開へ

 /食品原料取り扱い企業紹介

ウコギ科の植物を中心とする健食向けの機能性人参は古来、生薬として用いられてきた長い歴史を有している。日本人には”元気の源”、”滋養強壮”、美容など幅広い有用性が啓蒙されており、健康的なイメージも盤石だ。更なる企画の一助とすべく人参素材取り扱い企業らにその魅力を取材した…


特集 - ダイエット -

特集写真

 多彩なコンセプトで登場する関連商材
 各年齢層から求められる不朽の安定市場
 独自性の高い健食原料でさらなる企画へ

 /食品原料取り扱い企業紹介

女性の美に、中高年のメタボに、高齢者の健康寿命にと、幅広い訴求のキーワードを持つダイエット商材。適した栄養価でファスティング、食べ過ぎてしまったときのカット系、運動との併用で効果を高める燃焼系など、市場では多彩なコンセプトで対応商品が展開されている。業界にはまだまだ可能性を秘めた機能性素材が多数あり、今後のさらなる…


特集 - 機能性表示食品 -

特集写真

 各社開発サポートの取り組み
 届出ノウハウや学術対応力で強みも
 SR済み原料や独自開発素材

 /SR原料サプライヤー
   開発サポート受託製造企業 紹介

機能性表示食品を一から企画するのは時間も費用もかかるため、商品企画をする際に、システマティックレビュー(SR)を積極的に進める原料メーカーやサポートの手厚い受託製造企業に相談するのが機能性表示食品開発への近道となっている。SR作成済み原料を取り扱うサプライヤーや機能性表示食品の開発サポートをしている受託製造…


ピックアップ Pickup

マヌカハニーとαオリゴ糖の特異現象解説

ピックアップ写真

 コサナセミナーで寺尾社長が登壇
 異なる作用機序の組み合わせで相乗効果
 次回セミナーは3月14日に

 /コサナ
   東京都中央区、TEL03-6262-1512

コサナ(東京都中央区)は2月14日、マヌカハニーセミナーを開催し、同社代表の寺尾啓二氏がマヌカハニーとαオリゴ糖の機能性について解説した。両素材で抗菌性や腸内環境に対する作用機序が異なり、組み合わせることで大きな相乗効果が得られるとして、特異的な現象を指す言葉「シンギュラリティ」を引用した。…


日本初のオーガニックスーパー

店舗動向写真

 一般利用客も誘致する店舗雰囲気を
 有機のワインや日本酒も販売
 生産者と一体で供給体制の発展へ

 /ビオセボン・ジャポン
   Bio c’Bon(ビオセボン)麻布十番店

イオン株式会社とフランスのBic c’Bon社が共同で設立した「ビオセボン・ジャポン」は、2016年12月に日本初のオーガニックスーパーマーケット「Bio c'Bon 麻布十番店」をオープンした。オーガニックは世界で年率15%以上で伸び続ける注目の市場。日本における有機生産の将来を占う同店舗の取り組みについて、現地を取材した。

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

食品原料開発 Development

米国で特許取得したダイエット向け原料

新製品写真

 「FB3®(エフビースリー)」
 サラシア×コレウス×セサミン独自混合に
 内臓脂肪、肝脂肪、トリグリセリド等へ作用

 /バイオアクティブズジャパン
   東京都豊島区、TEL03-5981-0601

バイオアクティブズジャパン(東京都豊島区)は、北海道の新薬開発リサーチセンターとアメリカンメディカルホールディングス社と共同で、ダイエット向けのオリジナル原料「FB3®」を開発した。FB3は、伝統的なインドハーブ「コレウスフォルスコリ」と「サラシアレティキュラータ」、ゴマの健康成分として知られる「セサミン」の3素材を独自…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

不安定の辛み成分MTBIを安定化

新製品写真

 「ダイコンαオリゴパウダー」
 水を加えていつでも大根おろしに
 有意な抗肥満作用を確認

 /シクロケム
   中央区日本橋、TEL03-5614-7147

シクロケム(中央区日本橋)は、スーパー難消化性デキストリンとして提唱する環状オリゴ糖であるαオリゴ糖を用いることで、大根に含まれる健康的な辛み成分「MTBI(4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアネート)」を安定化することに成功した。水を加えればいつでも「大根おろし」ができる「MTBI含有ダイコンαオリゴパウダー」として…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

変形性関節症の痛み軽減の可能性

新製品写真

 春の山菜「こごみ」
 日本食品科学工学会第63回大会
 秋田県との連携協定での取り組み

 /東洋新薬
   福岡県福岡市(本社)TEL03-5501-7788(広報部)

東洋新薬(本社:福岡県福岡市)は、山菜「こごみ」に変形性関節症の痛みを軽減する可能性があることを確認し、日本食品科学工学会第63回大会でその研究内容を発表した。変形性膝関節症のモデルラットに、こごみ粉末を1日1回2,000mg/kg経口投与し、投与7日目および14日目に下肢の痛覚過敏に対する評価を…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

トップへ