たまりがちな現代人のすっきりをサポート

インタビュー写真

 活性炭サプリメント「デトクレンズ」
 女性の「あるある」をデスボイスで代弁
 株式会社ディーエイチシー

 マーケティング5部次長
  渡辺あかね氏

数々の健康食品・サプリメント・化粧品の開発を通して、美と健康の悩みに寄り添い続けてきた株式会社ディーエイチシー(東京都港区)。今回は「たまりにたまって困ってますけど! ついでに仕事もたまってますけど!」とデスボイスで叫ぶサンリオのキャラクター「アグレッシブ烈子」でも話題となった、活性炭配合サプリ「デトクレンズ」について、その開発エピソードをマーケティング5部次長の渡辺あかね氏に聞いた。――ためずに、すっきり、クリア。活性炭を用いた「デトクレンズ」の着想は、どういったところから得たのでしょうか。渡辺 ディーエイチシーは、どんな悩みのお客様にも対応しうる多種多様なサプリメントを開発しています。同じ訴求・成分のサプリメントでも、年齢によって種類や量を変え、飲みやすさに配慮して形状なども変えて対応しています。 多くのお客様に向けて商品開発をしていると、サプリの利用動機が何か不安を抱いた時であることが見えてきます。基本的に「何かが足りない」と思う方が…


手軽に「プチっと」アロマで導く健康習慣

インタビュー写真

 100%天然オイル「アロマサプリ」
 プチっと押すだけ設計でアロマを身近に
 エステー株式会社

 ビジネス開発事業部事業部長 岡部豊氏
  R&D部門商品開発第3G 山崎美香氏

――空気をかえよう。掲げる企業スローガンのもと「消臭力」「ムシューダ」「脱臭炭」など、においと香りにまつわる様々な商品開発を手掛けてきたエステー株式会社(東京都新宿区)。今回は、ヘルスケア分野で展開されるブランド「アロマサプリ」について、事業統括部門 ビジネス開発事業部 事業部長の岡部豊氏とR&D部門 商品開発第3グループの山崎美香氏に聞いた。――“におい”に特化した多数の商品ブランドを展開され、アロマではヘルスケア分野にも参入されました。岡部 当社は「空気をかえよう」というスローガンを掲げ、家庭で使用する消臭剤や芳香剤の開発を主事業としています。家庭内の消臭、あるいは香りで暮らしを快適化することを目指しています。ただ、どちらかというと、アロマは日本市場で「香りを楽しむもの」「いい香りのするもの」として位置づけられています。アロマセラピストのような専門家もいるのですが…


五行の巡りに基づいて美と健康をサポート

インタビュー写真

 「シーボン 美ボディサプリメント」
 特長ある厳選素材で5カプセルを開発
 株式会社シーボン

 研究開発部 部長 堀住輝男氏
  美容研究課 鍼灸師 田村かすみ氏

直営のシーボン.フェイシャリストサロンを全国展開し、化粧品の販売とアフターサービスを提供している株式会社シーボン(東京都六本木)。今回は、東洋の考えに基づいて開発された新製品「シーボン 美ボディサプリメント」の開発経緯や特長について、研究開発部部長の堀住輝男氏と美容研究課 鍼灸師の田村かすみ氏に聞いた。――川崎市にある本社機能〈メインオフィス〉のシーボン.パビリオンの外観が美術的です。堀住「“肌のキメ”をイメージして、2005年に建てられました。階段や壁なども女性を象徴して丸みを帯びた造りになっています。」――美への想い入れが伺えますね。これまでの美容へのお取り組みを教えてください。堀住「シーボン.は1966年に訪問販売からスタートした化粧品会社で、2019年に創業54年目を迎えます。当初は訪問販売を手掛けていたのですが…


資生堂初の「健康」に導くブランドへ

インタビュー写真

 新サプリメントブランド「N.O.U」
 健康の土台となる「脳腸相関」に着目
 資生堂ジャパン株式会社

 ビューティーフーズマーケティング室
  食品ブランドグループ 長谷川亜弥氏

世界的規模で「美」の社会価値を生み出している資生堂株式会社(東京都港区)。今回は新ブランド「N.O.U(エヌオーユー)」について、資生堂ジャパン株式会社(東京都港区)プレステージブランド/専門店事業本部 専門店マーケティング部 ビューティーフーズマーケティング室 食品ブランドグループの長谷川亜弥氏に聞いた。――2018年4月スタートの新ブランド「N.O.U」とは。長谷川 N.O.Uは、健康でアクティブな毎日をサポートするサプリメントブランドで、「Healthy & Go!」というキャッチコピーを掲げています。メインターゲットは40代以降の女性です。男性もそうだとは思うのですが、大体30代の後半から40代になると、女性にはさまざまな体の変化が現れてきます。「外出を楽しみたいけど、今日は遠慮しようかな……」そうした消極的な…


食事に+1杯で理想的な栄養バランスを

インタビュー写真

 働き世代に、シニアに、ダイエットに
 0から1へ、新たな商品分野の創造を
 株式会社IDEA

 マーケティング部
  石井 雄一氏

――ビタミンサプリでもプロテインでもない。全く新しい「マルチ栄養食品」としてコップ1杯で23種類の栄養成分を不足なく摂取できる新時代の※栄養機能食品「バランサー」を開発した株式会社イデア(東京都豊島区)。今回は、これまでにない画期的な商品づくりについて、マーケティング部 石井雄一氏に開発方針や背景、経緯について聞いた。――IDEAさんの開発スタイルとは。石井 すでに大きな市場を形成している青汁などの商品ではなく、世に出ていないニッチな商品を開発・販売していくのが当社のスタイルです。大手さんが参入している健食業界にあって、中小企業が残っていくには同じことをしていてはいけないと感じます。単純に資金力の差が広告宣伝の差となってしまいますので、当社では…


母と子の健康を支える永谷園の新青汁

インタビュー写真

 「子供と一緒においしい! フルーツ青汁」
 味ひとすじを基本に新部署で健食展開へ
 株式会社永谷園

 健康食品営業部 企画課
  課長代理 新海裕子氏

一大ブランドのお茶づけを筆頭に、ふりかけ、みそ汁、そうざいの素、麺商品など数々の即席食品ブランドを世の食卓に送り続けてきた株式会社永谷園(東京都港区)。今回は「『冷え知らず』さん」などの人気シリーズを手掛ける健康食品営業部 企画課 課長代理の新海裕子氏に「子供と一緒においしい! フルーツ青汁」について聞いた。――永谷園さんの近年の健康事業へのお取り組みと青汁の開発経緯とは。新海 約2年前に新規事業として健康食品の専門部署「健康食品営業部」を立ち上げました。ゼロベースでのスタートでしたので、どの分野から着手していこうかと健康食品全体の市場を俯瞰したのですがそこで青汁市場がまだ成長を続けていることに着目しました。実は、もともと永谷園グループで…


働く人の身近な頼れる飲料ブランドへ

インタビュー写真

 サプリメントウォーター「キリン サプリ」
 ストレス/疲労/快眠の機能性表示食品
 キリンビバレッジ株式会社

 マーケティング本部 マーケティング部
  商品担当 主任 橘美佳氏

「午後の紅茶」「生茶」をはじめ、「メッツ」「トロピカーナ」「ファイア」など名立たる飲料ブランドを築いてきたキリンビバレッジ株式会社(東京都中野区)。今回はサプリ文化をいち早く取り入れ、生活の身近なところで健康に寄与している「キリン サプリ」の機能性表示食品シリーズについて、マーケティング本部 マーケティング部 商品担当 主任の橘美佳氏に聞いた。――“サプリ”の名を冠する飲料ブランド「キリン サプリ」とは。橘 キリン サプリは「サプリメントによって健康を維持していく」文化を日本へと持ち込んだ、先駆けのブランドであったと思います。ブランドが発足した1997年当時、欧米では既にサプリメント文化が根付いていましたが、日本では…


予防医学を掲げ、インナーケアの浸透へ

インタビュー写真

 「スカルプD ノコギリヤシ青汁」
 男性の悩みにフォーカスした新コンセプト青汁
 アンファー株式会社

 予防医学事業部 医薬開発研究科
  博士(農学) 長田康孝氏

2017年10月に創業30周年。スカルプDシリーズをはじめ、化粧品、食品など、さまざまなエイジングケア商品・サービスを企画・研究・販売しているアンファー株式会社(東京都千代田区)。今回は、男性の悩みに寄り添う新コンセプト商品「スカルプD ノコギリヤシ青汁」の開発経緯について、予防医学事業部 医薬開発研究科の長田康孝氏に聞いた。――新しい青汁商品など健食分野でも積極的に開発されていますが、現在の方針とは。長田 アンファーは予防医学を掲げています。主なブランドは「スカルプD」「スカルプDのまつ毛美容液」「ドクターズ ナチュラル レシピ」「DOU-ドウ-」の4つです。中でも、スカルプDやまつ毛美容液というのは…


禅食に美の価値を付与し、健康的に美しく

インタビュー写真

 人気ブランド「美禅食」シリーズ
 ゴマきな粉に加え「カカオ」「抹茶」も
 株式会社ドクターシーラボ

 マーケティング部 商品企画グループ
  グループ長 市原澄子氏

医療現場から得られたデータをもとに様々な健康食品・サプリメントを開発してきた株式会社ドクターシーラボ(東京都渋谷区)。美容皮膚科シロノクリニックから始まり、創業20周年を迎え、医薬品や吸収性に優れたビタミンCサプリメント、尿漏れ対策サプリメントの開発など、女性たちの悩みに寄り添う取り組みを活発に行っている。今回は、人気のダイエット向け食品ブランド「美禅食」について、マーケティング部商品企画グループ グループ長の市原澄子氏に聞いた。市原 美禅食はインフォマーシャルでも展開している当社の主力商品の1つで、お客様にドクターシーラボを知っていただける入口商品にもなっています。当社ユーザー様が…


5種類の味と5種類の栄養機能を1つの青汁商品で

インタビュー写真

 ブランド設立40周年を迎え、オリジナル青汁を企画
 「日本直販5種の青汁 彩(IRODORI)」
 トランスコスモス株式会社

 日本直販事業 事業推進部 西村昌人氏
  マーケティング部MD課 平崎隆史氏

「高枝切りばさみ」や「正月といえばカニ!!」などをはじめ、魅力的な商品の数々をテレビ、新聞、ラジオ、カタログ、ウェブなど広範囲に渡る販売チャネルで展開しているトランスコスモス株式会社 日本直販事業(大阪府大阪市)。今回はブランド設立40年の節目に企画・発売されたオリジナルの青汁商品「日本直販5種の青汁 彩(IRODORI)」について、日本直販事業 推進事業部 西村昌人氏とマーケティング部MD課 商品企画2G グループ長の平崎隆史氏に聞いた。――トランスコスモスの手掛ける事業について。西村 トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高い…


東洋新薬、東京都教育委員会と連携協定

ニュース写真

 産業界に必要な人材育成を産学で推進
 教育と研究を結び相互の向上目指して
 スマート農業の技術開発も加速化へ

 /東洋新薬
   福岡県福岡市、TEL03-3238-0054

2019年5月22日、東洋新薬は東京都教育委員会と包括連携協定を締結した。農業系の学科を設置する都立高校の教育に、東洋新薬が有する最先端の農業技術や研究開発力を取り入れ、産業界が必要とする人材を育成することが目的。協定書には、①東京都教育委員会における教育活動の充実、②教育活動及び教育支援などに関する調査・研究の充実、③東京都教育委員会が有する教育力と…


サポニン含量75%以上の三七人参素材

ニュース写真

 「三七人参サポニン濃縮エキス末」
 サポニン含量の多い根の上部のみ使用
 独自技術を駆使して10倍濃縮

 /新日本薬業
   東京都中央区、TEL03-3667-5941

新日本薬業(東京都中央区)は、人参の有用成分“サポニン”を高濃縮した健食素材「三七人参サポニン濃縮エキス末(PANAX NOTOGINSENG SAPONINS)」の供給を開始した。 製造は中国・雲南省の漢方薬雲南玉薬生物製薬、輸入を三和インターナショナル(神奈川県横浜市)が行っている。三七人参サポニン濃縮エキス末の最大の特長は、サポニン含量75%以上という高濃度規格にある。一般的に三七人参の素材は主根全体が使われ…


抗肥満作用に関する研究論文が学術誌掲載

ニュース写真

 健康食品向け原料「ツバキ種子エキス末」
 食事由来脂質の吸収を遅らせる知見
 糞便への排泄促進による肥満抑制を示唆

 /ビーエイチエヌ
   東京都千代田区、TEL03-5281-5661

ビーエイチエヌ(東京都千代田区)が取り扱う健康食品向け原料「ツバキ種子エキス末」の抗肥満作用に関する研究論文が、学術誌「Journal of Oleo Science」に掲載された。研究では、「ツバキ種子エキス末が食事由来脂質の吸収を遅らせること」と「糞便への排泄を促すことによって肥満を抑制する可能性」が見出された。ツバキ種子エキス末はサポニン25%以上で規格しており、これまで美容作用、抗糖化作用、温熱作用などが…


R-αリポ酸の多彩な健康価値を発信

ニュース写真

 活動の根幹をなすミトコンドリアで活躍
 エネルギー産生と同時に活性酸素に対抗
 ビタミンB1やタンパク質との相乗性も

 /コサナ
   東京都中央区、TEL03-6262-1512

コサナ(東京都中央区)は、第16回コサナセミナーでR-αリポ酸が発揮するエネルギー産生や抗酸化、抗糖化、健康人に必要な筋肉の増強、胆汁酸の産生促進、NO産生能など多彩な健康機能について発信した。R-αリポ酸は体内で生産される物質だが、生産量の減衰する20歳以降は積極的な摂取が必要とされるもので、同社が提唱している8番目の栄養素「ヒトケミカル」の一つとして分類されている。同社では、細胞内器官「ミ…


αオリゴ糖が日和見菌の健康作用を誘引

ニュース写真

 腸内細菌叢の改善で日和見菌を増殖
 「バクテロイデス」「プレボテラ」が活躍
 LPS対策やビオチン産生、糖代謝促進

 /シクロケム
   東京都中央区、TEL03-6262-1511

シクロケム(東京都中央区)は、多岐にわたる有用性から“スーパー難消化性デキストリン”と呼ぶ「αオリゴ糖」について、新たに腸内細菌叢の改善作用が日和見菌を増殖させ、健康・美容に有用な結果をもたらすことを学術的見地から報告した。腸内の悪玉菌から発生する「リポ多糖(LPS)」が、血管の炎症を引き起こし、動脈硬化を悪化させるとして2019年に入りテレビ番組でも取り上げられた。このLPSによる血管への…


栄養価に優れた「パープルコーン」登場

ニュース写真

 JICA支援プロジェクトにより品種改良
 高アントシアニン品種「INIA601」由来
 “紫”ד健康”の新たな開発に期待

 /光健
   東京都小平市、TEL042-346-5154

光健(東京都小平市)は、「有機JASマカ」をはじめ、健康価値の高い南米素材を多数供給している。活力面で存在感を放つ有機マカのグレードアップ原料「発酵黒マカ」や独立行政法人国際協力機構(JICA)の後援によって開発された高抗酸化素材「パープルコーン(紫トウモロコシ)」、タンパク質含量に優れるペルーの豆「タルウィ」など、持ち味の強い素材を揃える。日本で健食向きの紫色植物といえばブルーベリーや…


スーパーな利点を発揮するαオリゴ糖

ニュース写真

 血糖値スパイク対策に有望な食物繊維
 ご飯と砂糖、双方の血糖値対策を一手に
 第15回コサナセミナーで作用機序を解説

 /シクロケム
   東京都中央区、TEL03-6262-1511

シクロケム(東京都中央区)は、αオリゴ糖を「スーパー難消化性デキストリン」として啓蒙し、その豊富な作用機序を活用した健食開発を提案している。第15回コサナセミナーでは、αオリゴ糖がスーパー難消化性デキストリンとなる根拠を、蓄積してきた研究成果から明示。テレビ番組でも取り上げられた「血糖値スパイク」への有用性、デンプン・砂糖の双方による血糖値の上昇抑制、悪玉脂肪酸の選択的排出、大腸における…


次世代のコラーゲンペプチドを開発

ニュース写真

 「Collagenomics(コラゲノミクス)」
 ジペプチド高含有品「DFF-01」
 トリペプチド高含有品「GFF-01」

 /ニッピ
   東京都足立区、TEL 03-3888-8991

ニッピ(東京都)は、アミノ酸の結合に着目した次世代コラーゲンペプチドを開発し、原料ブランド「コラゲノミクス(Collagenomics)」シリーズとして供給している。同シリーズでは、アミノ酸が2つ結合したジペプチドの高含有品「DFF-01」と、アミノ酸が3つ結合したトリペプチドの高含有品「GFF-01」をラインアップ。特定のアミノ酸が結合した「ジペプチド」と「トリペプチド」の含有量を高めることで、吸収性や…


健康寿命に関わるヒトケミカルを解説

ニュース写真

 「CoQ10」「R-αリポ酸」「L-カルニチン」
 細胞内のミトコンドリアで働く栄養素
 第14回コサナセミナーで作用機序を発信

 /コサナ
   東京都中央区、TEL03-6262-1512

コサナ(東京都中央区)は、健康素材の様々な有益情報を発信する第14回コサナセミナーを開催。代表の寺尾啓二氏が日本人の健康寿命に深く関わる栄養素「ヒトケミカル」について解説した。ヒトケミカルは、人間に必要な7大栄養素に並び8番目に位置づけられる栄養カテゴリーで、積極的な摂取が望まれることから同社が提唱してきたものだ。ヒトケミカルは日本人の体質や現代の食習慣に起因する健康問題に対して…


フィッシュコラーゲンが高騰、2倍近くに

ニュース写真

 主原料テラピアの供給量減少が原因で
 中国コラーゲン人気や現地企業が影響
 余談許さぬ状況で今後も値上がり傾向

 /原料情報
 

2018年に入り、フィッシュコラーゲンの原料となる魚「テラピア」の供給量が減り、フィッシュコラーゲンの原料価格が2倍近くに高騰している。コラーゲンペプチドの大手サプライヤーが明かした。中国でのコラーゲン人気再興による品薄のほか、これまで主要なブローカーだった現地企業が、自らメーカーを立ち上げて原料を買い占めるといった動きが影響しているという。今後も値上がりの傾向が続いており…


胃の健康に特化した“差別化乳酸菌”上市

ニュース写真

 特許取得の乳酸菌「Pylopass(ピロパス)」
 H.ピロリ菌にノーリスクでアプローチ
 世界企業が実現した新乳酸菌

 /ヘルシーナビ
   東京都大田区、TEL03-6715-8068

スポーツニュートリションに特化した乳酸菌「GanedenBC(ガネーデン・ビーシー)」など、独自性に優れた“差別化乳酸菌”を展開しているヘルシーナビ(東京都大田区)は、新たな差別化乳酸菌シリーズの一つとして、デンマークのNovozymes(ノボザイム)社から胃の健康に特化した乳酸菌「Pylopass(ピロパス)」の日本国内における独占販売権を取得し、2018年10月より本格的に供給スタートした…


特集 - 健食炭素材 -

特集写真

 多数の孔が余分な油脂や糖を吸着
 注目度上昇のクレンズフード
 サプリや一般食品など多彩な企画に

/対応素材 取り扱い事業者紹介
  竹、ヤシ殻、梅種など

健食素材として炭の存在感が強まってきた。余分なものを吸着する「多孔質(たこうしつ)」が様々なシーンで活用されてきた経緯もあり、食の分野でも余分なものを取り除くメカニズムが“クレンズ”に役立つとして着目されている。健食メーカーの新ブランドも芸能人やキャラクターによる各種宣伝で華々しく登場したところ。そこで今回は…


特集 - 脳機能 -

特集写真

 高齢化に伴い予防の役割さらに重要に
 機能性表示食品への取り組みも活発に
 日本初上陸の素材など注目動向も

/対応素材 取り扱い事業者紹介
  コグニアップ、PS、イチョウ葉など

高齢化による認知症罹患者の増加は今後さらに深刻化が問題視されている。一度認知機能が低下してしまうと医療でも根治は困難であり、海外では認知症の治療薬の効果が限定的と判断され2018年に入ってから数種の治療薬が保険適用外とされた国もある。一層と、日々の予防の重要性が示された脳機能について、健康産業界での取り組みを取材した。


特集 - 抗肥満素材 -

特集写真

 ECサイトの人気商材に着目する声も
 機能性表示食品やオーガニック原料など
 企画に役立つ有望素材が多数上市

/原料取扱い企業紹介
  機能性表示食品対応黒酢、酵母由来素材など

女性たちの悩みに寄り添う健食メーカーのマーケッターなら誰もが一度は浮かべるだろう“ダイエットは女性の永遠のテーマ”。近年は健康寿命の観点からも老若男女問わずボディコントロールが重要視されており、対応する機能性表示食品やプロテイン商材が注目されてきた。そこで、原料サプライヤー・OEM事業者らに、日本人の健康長寿の未来を占う抗肥満対応素材を取材した。


食品原料開発 Development

発酵によりニンニク特有成分を増加

新製品写真

 新素材「ブラウンニンニク」を上市
 脳機能に寄与「S-アリルシステイン」
 血流改善成分の「シクロアイリン」も

 /テルヴィス
   東京都中央区、TEL03-3808-0694

テルヴィス(東京都中央区)は、独自の発酵ノウハウによりニンニクが有する健康成分「S-アリルシステイン(SAC)」と「シクロアイリン」を高め、規格化した期待の新素材「ブラウンニンニク」を上市した。ブラウンニンニクは、適度な発酵度合いを制御することでニンニクの有用成分を豊富にしたニンニク100%の健康食品向け原料。発酵後もニンニクの特徴であるイオウ化合物も含有されており、ニンニク本来の健康価値も…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

注目3素材がもたらす美と健康機能を発信

新製品写真

 クルクミン、ウルソール酸、マヌカハニー
 毛細血管力を支えるTie2活性作用など
 吸収性を向上し、素材の真価を発揮

 /シクロケム
   東京都中央区、TEL03-6262-1511

シクロケム(東京都中央区)は、環状オリゴ糖を用いて生体利用能を格段に高めた「クルクミン」「マヌカハニー」「ウルソール酸」のそれぞれが発揮する美容・健康機能を啓蒙し、上記3素材の配合ゼリー「マヌカハニーとリンゴのデザート」などの製品開発やOEM供給、原料供給を行っている。肌年齢の若さの秘訣としてテレビ番組にも取り上げられた「シナモン」の、毛細血管への有用性に着目したシクロケム社は独自に…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

有機JASマカをはじめ各種南米素材を供給

新製品写真

 特許技術で生まれた「黒マカ」シリーズ
 「発酵マカエキス」「発酵マカ―リック」
 ルクマ、カカオ、サチャインチなど多数

 /光健
   東京都小平市、TEL042-346-5154

光健(東京都小平市)は、南米ペルー産の有機JASマカを中心に、発酵技術を駆使して開発した黒マカ原料「発酵黒マカエキス」や、マカとニンニクを同時発酵した「発酵黒マカ―リック」のOEM供給、卸などを手掛けている。南米ペルーで有機JASマカ製造の自社工場を稼働している同社では、南米の魅力ある素材についても情報収集しており、現地企業との関係を築いて日本への供給体制を整えている。世界中で食されている…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

乳酸菌「KT-11」、2つの新知見を学会発表

新製品写真

 成人健康者の口腔内環境改善を確認
 ロタウイルス下痢症抑制の機構も解明
 日本農芸化学会と日本畜産学会にて発表

 /キティー
   東京都新宿区、TEL03-6457-7990

キティー(東京都新宿区)は、自社開発の乳酸菌原料「KT-11(Lactobacillus crispatus KT-11)株」の研究において、新たに「口腔内環境の改善を介して歯周病予防に寄与する可能性」と「ロタウイルスの感染を抑制する機構」の2つの知見が得られたことを報告した。同内容は、それぞれ日本農芸化学会2018と日本畜産学会第124回大会にて学会発表も行っている。KT-11株の摂取が口腔内環境に及ぼす影響については…

店舗動向一覧へ 店舗動向詳細へ

トップへ